メディテーション(瞑想)とは

 

メディテーションに大切な”マインドフルネス”の考え方

 マインドフルネスとは
「今、この瞬間の自分自身の身体や気持ちを一切の評価・判断を挟まない、、心のあり方」のことを指します。
 
マインドフルネスを身につけると、今起こっている物事や自分自身の感情をありのままに受け止めることができるようになります。
いつも穏やかな心を保つことができるので、リラックスするのはもちろんのこと、心身のコントロールが可能になります。
これは、脳科学の分野の研究でも明らかにされいることなのです。
 
 
 
実は人間の体は、体よりも脳が疲弊している可能性があります。
 
過去のことをくよくよと考えたり、未来を不安に思ったり、ネガティブな思考は悪循環を引き起こします。
 
瞑想を行うことで、無駄な思考によるストレスから解放され、脳をしっかりと休息させることができるのです。
 

 
メディテーションの効果 

 

ストレス低減

 マインドフルネスを用いて、過去の出来事を現在と切り離して考えることにより、過去のトラウマによるストレスや不安を減らすことができ、思考がポジティブになると言われています。
 

 集中力の向上

メディテーションによって、深く集中する時間を持つトレーニングができます。
習慣化することで、集中型思考を持続、定着させることができます。
 

 免疫機能の向上

身体のストレスが軽減された結果、副交感神経が優位になり、免疫力の向上につながります。
 
 

ダイエット効果

 自分の身体の状態をしっかりと意識し、いたわることができるようになるため、過食を慎むことができるようになります。
 
 
 
 

ストレッチ効果

リラックス効果

ストレッチをすると、前頭葉でアルファ(α)波が増加、心拍変動を増加、心拍数を低下、副交感神経活動が働くことが明らかとなっています。
副交感神経が働くと、カラダはリラックス状態になります。
 
 

集中力の維持

ストレッチは悪くなった血行を良くし、集中力の維持に貢献します。
 
 

カラダが柔らかくなる

固まった筋肉がほぐれ、肩こりや腰痛の改善、また、血行促進や体温上昇につながります。
代謝UPはダイエットにも効果的です。
 
 
 

疲労回復効果

ストレッチには筋肉の疲労を軽減する可能性が研究で明らかになっています。疲労した筋肉の血流が良くなり、回復効果が期待できます。
 
 

 
インナーマッスル強化

ゆったりしたストレッチは、インナーマッスルを鍛えられます。インナーマッスルは可動域の拡大にもつながる重要な筋肉なため、鍛えておくことがとても大切です。

 

 

 

次回
日程が決まり次第、お知らせ致します。
 

月2回 第2,4水曜日
10:00〜11:00
カルチャー&セミナースペースsukirua「スキルア」
茨城県水戸市田谷町1970番地
※都合により変更または中止となる場合がございます。前もってお問い合わせください公式サイト▶︎
ヨガマット
¥2000
 
 
お申し込みはこちら▶︎